スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Comments(-) | [編集]

わくわく雑記

ここ二、三日で色々と面白い情報が手に入ったので思わず更新します……。


・propeller、新作ティザーサイト公開
自分自身がそこまでpropellerというメーカーにこだわりをもってるわけではないのですが、知り合いに「朱門優の新作を!」という声が結構あがっていたので注目していました(伏線)
その新作の正式公開が22日でしたというお話。

・七烏未奏さんの新作
昼4時頃? 七烏未奏さんのTwitter上でこんなポストが……。
いわく、「今日新作の情報出るよ~

propeller新作ページ公開!
はいきた!はいきたよ!!! 朱門じゃなくて七烏未だったね!! 嬉しいやら哀しいやら複雑だけど! 個人的な範囲では大歓喜だけど!!! 
スタッフ勢はというと
---------------------------------------------
キャラクターデザイン・原画 /refeia
シナリオ /七烏未奏 渡辺僚一
ムービー /sleepwalker
音楽 /冨田敦
歌 /花たん
ロゴデザイン /木緒なち
企画・ディレクター /七烏未奏
---------------------------------------------
という感じで色々突っ込みどころはありますが、まず七烏未先生、初監督作品おめでとうございます!
STRとZSSはmi:cs氏、Nega0はWillスタッフがディレクションをやっていて、もちろん他の作品は外注のはず。ということで自分の知る限りではこれが七烏未さんの初監督ということになるはずですね。
いやしかし、なんだこの木緒ファミリーにジブ4を足したよなスタッフ陣は…。propellerの面影やいづこ。個人的に渡辺僚一氏が参加してるのは嬉しいですが…相性はどうなんでしょうか(ジブ4は未プレイで分かりません><)。
あと音楽の方をググってみるとワイルドアームズが出てきたり歌手が花たんだったり、エロゲ音楽スキーとしても目が離せない作品になりそうです。
あと七烏未さんが自称女性ライターということになっているのはどういう意図なんでしょうかw 仮に女性だとして「自称」にする意味は?ww

アニメ・ガールズワーク
「え!?」の一言。
まだめてお作品をプレイしたことがあるわけではないですが……それでもええっ

・Studio Til「ねこねこ」
まったく新しい情報ではないのですが、このゲームを個人取引で譲っていただいた際に「台鼎さんのご自宅のすぐ近所に、このゲームのヒロインのモデルになった猫が住んでいた」という話を聞きました。
元々このサークルの作品には、台鼎の住んでいるつくばをモデルにしてるものがあるということなのですが、こうも面白いめぐり合わせに出会うとは……。
このゲームはまた今度やってみたいと思います。

・暁WORKS新作
まあこのページをみていただければわかるんですが……
シナリオ・insider
insider……だとっ……! そう、「悪の教科書」「ラスト・ピュリファイ」のライターであるinsider氏です(本人のブログでも確認しました)。
この同人でしか書けない内容で魅せてきた…逆を言ってしまえばギャルゲ的要素ではあまり魅せてこれなかった氏がどんなシナリオを書くのか、非常に気になるところですね。

・猫撫ディストーション体験版
ついに先日公開。やってみての一言感想→「元長なのに日常が面白いだと…ッ」
元長氏らしい哲学要素、藤木氏が活躍できそうな謎要素、全体を取り巻く不可思議、そして普通に楽しめるテキスト……信者補正もあるでしょうがこれはなんかすごいですね。期待せざるを得ないです。
個人的には、藤木氏が舞台装置を使って色々動かして、元長氏がそれを道具に哲学するというのがこの作品のスタイルになるんじゃないかなと思ったりします。
あと、システムとか音楽も神がかってました。絵も可愛いし…個人的には完璧の出来。可能なら体験版レビューを今度。

・「かえる」
Circletempoさんのホームページがリニューアル。なんかすごい。どうやったら作れるんだこんなの
そして作品のところになにやら「かえる」という項目が……?
北埜氏いわく「ちょっと寄り道したい短編作品」とのことですが。続報を待ちたいところです。


気付けば来年がかなり楽しみな状況になっていたり。ああ、積んでるゲームに手がつかないくらいワクワクしてる……。

それでは、今回はこれにて。

雑記 | 【2010-12-23(Thu) 06:17:45】 | Comments(-) | [編集]

紫影の雑記

台鼎です。今日は簡易感想すらないただの雑記でございます。

今日は月末金曜恒例のエロゲ発売日。Twitterを監視している限りでは相当の盛り上がりのようで。恋チョコやキサラギなど話題作たくさんの先月はあまりこういうのは聞かなかったような気がするのですが…(気がするだけ?)
はて、今月の一般的な話題作ってなんなのでしょうかねー。ロットアップの報告があったわれめて? 保住氏のキッキン? 衝撃のエロゲ化のJINKI? デブリは人を選びそうだし……。

もちろんこのブログ的には「紫影のソナーニル」ですね!

写真

ファンクラブ通販にてインガノックとシャルノスも購入。
え、プレイ済じゃないかって? ……言うまでもなく二本目です。だってアペンドディスクが欲しかったんだもん!
ちなみにソナーニルもソフマップ特典欲しさに二本目を買っていたり。実はヴァルーシアも……。

今現在二章まで、体験版が三章のみだったので実質三章までで進みました。序盤は過去作と比べてもかなり面白いんじゃないかと思います。各話ごとにゲストキャラを掘り下げながら、メインキャラの話も徐々に進んでいくという形式は過去作(特にシャルノスやインガノック)と一緒ですが、体験版や紹介だと分からなかった真相の断片のようなものが結構最初からチラチラ見せられるせいで非常に先が楽しみでたまりませんw こういうのは過去のシリーズになかった魅力ですね。
そして、異様にリリィが可愛い! このまま行くと好きなエロゲキャラ五指に入りそうな勢い。今年はキャラにはまったゲームはプレイできてないのですが、年末になってようやくゲットできたようです。
もちろん桜井節も健在。ヴァルーシアよりは癖は弱くて読みやすいかな、という印象です。また今回多用されている「テキストと音声を違える」という演出が、さらにこの人のシナリオの味を深めてる感じがしますね。よきかなよきかな。

これ以上書くとクリアしてないのに賛美するだけの記事になりそうなのでこのあたりにしておきましょうw

はて、左側のアクセスをみるとなかなかなことに(20時ちょっと過ぎ現在)なってますね……。アクセス解析をみるとどうやらほとんどの方がソナーニルを検索しているようですが。(後日追記:結局270…前日比10倍オウフ)
まあ原因はタイトルのあれでしょうねー…。
……自分がこのゲームの正式タイトルを書けばいいんでしょうが、これのおかげでアクセスしてもらえるということを考えるとちょっと躊躇いができてしまって結局放置してしまっています(苦笑)

さて、ここいらで自分はゲームの続きをやってしまうとしましょう。それでは以上で。

雑記 | 【2010-11-26(Fri) 20:55:35】 | Comments(-) | [編集]

戦いが終わって雑記

どうも、台鼎です。

夏コミ2日目が終わったということで、需要はないと思いますが収穫物さらしをば。

コミケ

<ゲーム>
・Indigo
・幻想のアヴァタール
・アクアアフター(名刺付)
・少女と世界とお菓子の剣 Route of NANA(写してないですがポスター付)
・Omegaの視界 最終章(ペーパー付)
・錬電術師 (シリーズ全部)
・ダブリーな彼女
・es-node
・私とあなたといた世界
・AURELIA
・N.E.D.E
・ヴィザルの日記 (補記も一緒に、冊子付)
・竜神ナーガ前編
・ミステリアスキャバレー体験版
・EDEN体験版
・カルネアデスの扉体験版

<CD>
・genom
・meaning
・ほめらじvol10&11

<本>
・姫神(大波耀子)
・「とめとっ」体験版付冊子

なんかコミケの収穫物としては色々おかしい気もしますが台鼎としては何も問題なし。

去年は今まで買えなかったものをたくさん買った感じですが、今回は新作が色々と楽しいことになってました。
本当はもっと音楽とか企業ブースとか、そして同人ゲームも買おうかと思っていたんですが、思わぬ出費の影響で自重しました。だってほめらじ普通に残ってるって思わなかったんだもん……。



そしてこの後、青葉りんご&カンノユウキさんのライブに行ってきました。
ライブレポは書きませんが、とりあえず情報としてあったのは「年末には青葉りんごのアルバムが出る」「10月10日にBen氏(女神ノ宿命や戦姫之理の作曲)を招いて青葉りんごのソロライブがある」ということ。
みなぎってきますねー(今は疲れ気味なのであまりみなぎってない)。

とりあえずのところは、indigoを早くプレイしておきたいと思います。

それでは、以上で。

雑記 | 【2010-08-15(Sun) 01:01:15】 | Comments(-) | [編集]

動画を貼るだけの簡単な雑記

どうも、台鼎です。

タイトル通りの手抜き雑記でございます。

ページが重くなるといけないので【続き】にて。



“動画を貼るだけの簡単な雑記”の続きを読む>>
雑記 | 【2010-08-10(Tue) 05:53:01】 | Comments(-) | [編集]

上半期エロゲソングを振り返る雑記

どうも、お久しぶりの台鼎です。

GW以降、結構用事が出来てしまいまして、あっという間に更新が途絶えてしまいました(汗)。
更新が楽ということでブログという形を選んだ面もあるんですが、それでも気力は必要ですね……その点Twitterはかなり気軽に更新できるのが楽ですね

そして更に今年は、ブログ3周年は普通にスルーしてしまいましたw
去年から分かっていたことですがやっぱりこの時期は忙しくなってしまいまして。
ああ、来年は何かやりたいなぁ……。



さて、春には既に感じていたことなんですが、今年のエロゲソングはなかなか良曲揃いの印象を受けます。
台鼎は結構選り好みするタイプだというのに、それでもセンサーに引っかかる曲が多いですね。下半期の曲も含め既に30曲くらいが「おすすめエロゲソング」の候補に挙がってます。まぁ、単に自分が曲をたくさん聴くようになったとも考えられるのですが……。
とにもかくにも、このままでは来年に紹介しきれない曲で溢れてしまうことが目に見えています。

ということで、この2010年上半期終了という節目を以って、簡易ではありますが個人的に気に入ったエロゲソングを紹介したいと思います。

選曲基準は2010年1月~6月に発売された商業エロゲのボーカル曲。いつものようにオタクじゃなくても~などの縛りはありません。
大体がOPで調べればショートバージョンを簡単に聴けると思いますので、ぜひ。
独断と偏見によるカテゴライズもしてみましたので、参考にしてもらえればと思います。

それでは、どうぞ。




●おすすめエロゲソング2010 上半期簡易版●

■バラード/シリアス
・君のいる場所へ (はるかぜどりに、とまりぎを。2nd Story:みとせのりこ)
・誓いの夜、はじまりの朝 (airy[F]airy:西沢はぐみ)
・phantasia ballad (翼をください:NAO)
・さよなら、またね (アッチむいて恋:花たん)
・キミノソラ/ボクノソラ (Soranica Ele:凛)

なんといっても、みとせさんの「君のいる場所へ」。
エロゲソングという枠組みではみとせさんの曲で一番好きかも。

■ポップ
・マル秘☆恋愛法則 (アッチむいて恋:NANA)
・カラフル (乙女恋心プリスター:Duca)
・未来はきっとShinyDays (ボクラはピアチェーレ:奏英学園軽音楽部)

OPしかり挿入歌しかり、アチ恋は曲がいいですね。
ボクピアでは久々にi.o.soundが作曲ということで台鼎大歓喜。

■爽やか
・mirto (airy[F]airy:Rita)
・天球儀 (シュガーコートフリークス:WHITE-LIPS)
・空気力学少女と少年の詩 (素晴らしき日々:はな)
・アイというの名の地図 (ココロの住処:真里歌)
・イマダケ (ボクラはピアチェーレ:奏英学園軽音楽部)

「アイという名の地図」は公式でフルが公開されてますよー。

■燃え/クール
・Get the future (ルーンロオド:Riryka&なかせひな)
・Repeats world (Re:Seven :めらみぽっぷ)
・辰風~たつかぜ~ (戦極姫2:イリジウム)
・永劫回帰 (暁の護衛~罪深き終末論~:Barbarian On The Groove feat.カヒーナ)
・OVERDRIVE (エヴォリミット:Rita)
・希望の旋律 (DEARDROPS:DEARDROPS)

「Repeats world」は思わず曲買いしてしまいました。
このカテゴリの曲が多いのはご愛嬌ということで……。

■電波/ネタ
・共に歩もうハムの道 (ド田舎ちゃんねる5!:ハム子&ハム・スター)
・立ち上がれ教頭! (狂った教頭No2:如日)

教頭の歌はトーマス臭くていいですw


とりあえず、今回はこんなところで。

雑記 | 【2010-06-27(Sun) 00:58:44】 | Comments(-) | [編集]

Copyright © 【跡地】 机上の空想 【自動転送】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。