スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Comments(-) | [編集]

Indigo 体験版ver2.0 (非18禁)

本日体験版を紹介いたしますのは、同人サークル・半端マニアソフトの「Indigo」です。

6歳の時に、殺人鬼に遭遇してしまった海保一樹。一度は引越しをして平穏に暮らしていたが、高校へ通うために彼はこの街に戻ってきてしまう。つとめて平和に過ごそうとするも、結局奇想天外にも程がある生徒達に囲まれる毎日を過ごすこととなり、彼の思惑は早々に崩れ去った。
そして、彼の住む街には続々と危険人物が集まってくる。爽やかな殺人者を目指す同級生の女の子、片手片足の不良少女、「死ぬ気の暴力がしたい」とのたまう小学生、藍色の時間だけ現れる日本刀を持ったおっさんエトセトラエトセトラ……。
やはりその中で事件に巻き込まれていく一樹。彼は事件を乗り越えた果てに何を見るか――。

このあらすじではあまり表現できてない気がしますが、相当にぶっ飛んだ作品です。
そもそもがこのサークルの作品というのが問題ですね。ご存知でない方は、どの作品かの体験版なりサイトの連載コンテンツなりで彼らの世界に触れてみてください。
全く。
下品。
言葉はぞんざいだし下ネタは全開だし、やっていることは悪ノリそのもの。受け付けない方はここで引き返しても構いません。
しかしです。テキストを初めとした、今回特に際立っているその過激さや奇特さに目が行きがちですが、彼らの物語は読み物エンターテインメントとして十分な完成度でありますし、描かれているキャラクターたちも、中々に変で中には狂っているとしか思えないようなのがいても、ちゃんとした人格として確立されています。今回も、話の筋を見れば「藍色」「殺人」などをキーワードに主人公が困難に巻き込まれていくオーソドックスなタイプ。キャラクターにも、「マボー」と「お姉さま」のやりとりなんかを読んでいると、ぶっ飛んでいるだけでは作れない濃厚さが感じられますね。
この作風が評価を左右するのは確かですが、作風だけで評価を決めていいような単純なサークルではないようです。
こういうことを書いていると、昔知り合いが「本当の馬鹿は馬鹿にはなれない」と言っていたのを思い出しました……。

以前からこのサークルを知ってる人間としては今回の作品は色々驚きです。「え?全年齢?」とか「CGやたら綺麗じゃない?」とか「システムすっきりしすぎじゃない?」とか。なんか普通に企業クオリティの作品っぽそうですね。一体どうしたんだろう……。
……そんな語っておいてなんでリストに作品が入ってないのかというところはノータッチでお願いします(汗)。

んでもって最後に。
本当に、今更気付いたんですが。
ここの代表、ねこねこソフトやコットンソフトで活躍している木緒氏なんですね……(更汗)。どうりで良いものが作れるわけです……。

こんなところで紹介を終わります。
では。
関連記事


エロゲ体験版 | 【2008-06-23(Mon) 23:30:25】 | Comments(-) | [編集]

Copyright © 【跡地】 机上の空想 【自動転送】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。