スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Comments(-) | [編集]

ソシャる雑記

2カ月ほどほったらかしておりました間に拍手を連続で賜りまして恐縮していた台鼎です(汗

夏コミやコミティアなどネタなくはなかったのですが、チェックリストはまともに作ってない・オフでの対面等も基本的にTwitterの方での話題なので特になあと思いつつ、感想だけの雑記でもいいかな?とか思ってる間にゲームプレイしはじめてもすぐに止めてしまう倦怠期間に入ってしまった上諸事情で今広島にいたりと感想すらブレーキなうな状況です。



……で、こういう状態だとソーシャルゲームみたいなのが心地いいのですよね(爆)
ウチの姫さまがいちばんカワイイ』というのをプレイしております。

あまりソシャゲ……というかエロゲ以外のゲームは最近プレイしないのですが、此度に関しては、台鼎が自信を持って好きだと叫ぶ数少ない絵師さん・大石竜子さんがいくつか絵を寄稿しているということでやってみた次第。


ゲームに関しては、つまらなくはないけどオススメするほどでもない……といった感じなので言及はいたしません。



とりあえず今のところ大石さんキャラが四人(+それぞれの進化分)がいることを確認。パーティが組めるね!

一人目ー。唯一自分でゲットしているキャラ。

期間限定(残念ながらもう終わっています、先に記事を書ければよかったのですが……)のマップで手に入るHR。
気弱っぽい見た目ですが、少ないセリフからは意外にも意地っ張りキャラな印象を受けるお姫様。

二人目ー。
IMG_0233.png
大石さんの男装姫(鼻血)
進化後がめっちゃ可愛い。非課金のガチャで手に入るようなのでひたすらプレイするしか入手方法がなさげというのが鬼畜。

三人目四人目(風Rのアルカナ、水Rのコッペリア)に関しては進化前の画像を持ってないので省略。こちらは課金してひたすら回せば手に入るかも…といった具合なのですがどうするかは迷い中。大石さんの仕事見せてくれたお布施をするのもアリかなとは思うのですが。



あと大石さんのではないですがお気に入りの姫・「王子姫サファイア」ちゃんを置いておきます。
IMG_0231.png

かわいい(断言)
王子として育てられたボーイッシュ姫とかね!もうね!
ただしあまり強くないのでメインにはなれない。残念。



……とエロゲのモチベが上がるまでこんな具合で回復を待とうと思います。
そういえば2年前以降連続して秋ごろエロゲ空白期間できてるなあ。



以下簡易感想。

[作品一覧]
豚の如き山賊に捕らわれて処女を奪われる巨乳姫騎士&女戦士
パコられ
石榴の時計-昿篇-





【商業】
○豚の如き山賊に捕らわれて処女を奪われる巨乳姫騎士&女戦士
ん? HAINのくせに普通に抜きゲとして見ごたえあるぞ…? という不思議な感想を抱いた本作。姫騎士の屈服していく過程はなかなか鬼気迫るものがありました。ショタ王子の責められ具合なども。
反面、HAIN劇場としては個人的にはよく分からなかった……というのも、この作品は『水仙花』に登場した「少女王国」の系統にあたるのですが、自分があまり咀嚼してきてない部分なんですよねー。前作『巨乳女教師』に引き続き直接的な比喩がなくなってきているので、なおさら分かりづらい。フランス革命~ナポレオン時代の「民衆が主権を返上してしまった」歴史に業界をあてはめて皮肉ってるのかなあとプレイ前は思ってたのですが、あまりそういった印象でも無かったですし。さっさと『水仙花』やり直そう。

あとこの作品とは直接関係ないのですが、『水仙花』やった後に『巨乳お母さん』やり直すと分かりやす過ぎて笑いました。(追記:『巨乳お母さん』ほか、『甘えむっ♪』やった直後に続けてプレイしたHAIN作品の感想書いてないことに気付いたのでひょっとしたらその辺まとめてなにか書くかも、書かないかも)


【同人】
◎パコられ
これについては、批評空間に書いたこと以上のことをアウトプットしようとはあまり思えないので、そちらを参照お願いしたいと思います。ただ、怪作であるとは言っておきましょう。
というのも、Twitterでのフォロワーさんが(批評空間で)書いていた感想"『分かる』 と書いたが、この作品的にはその短い言葉ですらも暴力になりかねないだろう。"ということをそのまま自分も感じたから。色々と巡った思いの数々は、胸に秘めておきたく。あるいは、形とするならば、この作品とは関わりない場所で。

○石榴の時計-昿篇-
大正ロマン館ミステリ解決編。ミステリに関しては言うほど好きというわけでもなくあまり触れてきてないので「まあまあ楽しかった」などというぼんやりした感想しか出てこないのですが、主人公の理穂子・紫藤コンビのニマニマ感に関しては……良いよね!(やはりぼんやりしている) 何が良いってこの凸凹加減で理恵子に婚約者がいることだよね! もう大正ロマンミステリとかそういうの以前にこの二人のやりとり見てニヤニヤしてればいいんじゃないかなと思うくらいです。そんなキャラゲ的明るさがある一方で、真相に大正ロマンらしいえぐさがあるのも良い感じでした。
前編の引きからうみねこ的な(具体的には知らんのですが)何かがあるのかと若干戦々恐々としておりましたが(作者さんがファンらしいですし)そんなこともなかったの安心しましたww 感想見返してみてから思い出したのですが、某キャラが特にその後変わった様子を見せなかったのがちょっと惜しい。
問題点は前編でもあったようにシステム周り。あと前編において結構致命的な誤字があったことですかね。文字入力による攻略があるので。(修正パッチが出てましたので多分改修済)


関連記事
雑記(+簡易感想) | 【2013-09-18(Wed) 02:08:04】 | Comments(-) | [編集]

Copyright © 【跡地】 机上の空想 【自動転送】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。